便利&お得な情報をお届け
LINE公式アカウント

全国対応

24時間365日受付

47都道府県 全国対応

お電話でのお問い合わせ

0120-111-270

0120-111-270

FAX. 082-207-3202

お支払総額のシミュレーションお支払総額のシミュレーション

フォームから申し込みフォームから申し込み

お支払総額のシミュレーション

フォームから申し込み

楽々親方からのお知らせ

  • 21.11.02ブログ労災指定病院と労災指定外病院_労災の手続きが異なる点について

【建設業の一人親方労災発生時の療養の給付手続きについて注意点】

1.業務中のお怪我後、病院へ行かれる時の注意点

 ・業務中のケガ等についての治療費は労災保険から病院へ支払われますが、
「労災指定病院」と「労災指定のない医療機関」で受診された場合は手続きが異なります。

 a:「労災指定病院」で受診された場合
   医療機関での費用を支払うことなく、
   労災保険法で定められた範囲の療養(補償)給付を医療行為というかたちで受ける
   ことができます。
   また、申請書類(様式第5号)の提出によりその後の手続きも簡単に進めることが
   できます。
   ※病院だけでなく、処方箋にて薬をもらった薬局へも書類提出となりますので
   ご注意下さい。


 b:「労災指定のない医療機関」で受診された場合
   医療機関へ医療費の10割分を支払う。
   様式第7号を作成し、病院から療養担当者の証明をもらい、お支払いされた病院・薬局の領収書原本とともに
   労働基準監督署へ提出する。
   おおよそ1か月後に立替払いした医療費が振り込まれる。
   ※病院だけでなく、処方箋にて薬をもらった薬局へも書類提出となりますので
   ご注意下さい。

指定病院で無い場合は、手続き、立替払い等が発生し、そのための時間も取られますので
くれぐれも、業務中のケガ等で病院に行かれる時は「労災指定病院」かどうかを確認してみてください。


また、せっかく労災指定病院で受診されたにもかかわらず、労災書類の提出が遅くなった場合や月をまたぐ場合は

労災請求できないことが発生しますので、事前に病院側へは「労災」を使うことを必ずお伝えください。
    
  
 
※くれぐれも勝手な自己判断はしないように、根拠のない思い込み、他人からの情報で間違った

判断をされないようお願い致します。